ホーム > ガバナーウェポンズ コンバットアソート01 (01)

商品仕様

作品名
ヘキサギア
メーカー
壽屋
仕様
プラモデル
スケール
1/24
原型/設計
毛利 重夫
サイズ
全長:約87mm(試作大型レーザーライフル)
版権表記
© KOTOBUKIYA

商品説明

Combat preparation complete. Start your engines.

コンセプトはアーマータイプのガバナーへ装備させることをイメージしたウェポンセット。
コンバットアソート01はバランス重視の基本セットがテーマになっており「ソード」「ライフル」「ハンガー」「コンテナ」をセットにしました。

【商品仕様】
■試作大型レーザーライフルは本体・拡張サイト・拡張バレルに分解可能です。
拡張サイトと拡張バレルはコンバットアソート02付属のハンドガンやショットガンと組み換えする事ができます。
■タクティカルコンテナの2mm角穴ハードポイントには付属のハンドグレネードだけでなく、
コンバットアソート02付属のマルチサプライケースA/Bとショットガン弾帯が取り付け可能です。
■タクティカルハンガーは上部左右にハードポイントが設定されており 、各種追加装備を装着可能です。また下部のホルダーにはプラズマソード【サムライマスターソード】を装備可能です。

【付属品】
■プラズマソード【サムライマスターソード】×1
■試作大型レーザーライフル×1
■ハンドグレネード×2
■タクティカルコンテナ×1
■タクティカルハンガー×1
■ハンガー用ジョイント×2

【武器解説】
装甲と人工筋肉により密閉された“アーマータイプ”と呼ばれるガバナーが金属と硝煙の地に降り立ったとき、戦場の在り様は一変した。
パワーアシストと高度な耐弾性を併せ持ち、自らがエネルギー供給源ともなりうる新たな兵士集団の登場は、単独行動における重量制限、火器使用時の反動制御、継戦可能時間等の制限を大きく解放し、それらはアーマータイプ登場以前であればヘキサギアでしか運用することの出来なかった装備群の歩兵用装備への転化として帰結する。新世代の歩兵用装備群は、資源の枯渇した世界で消費されるばかりであった従来弾薬に代わる弾体の非実弾化志向とも結びき、戦場に吹き荒れる破壊の力は激しさを増していった。

■プラズマソード【サムライマスターソード】
前時代的な刀剣を模し、緩やかな反りを与えられた荷電式戦術刀。
レーザーブレードとも呼ばれる“刀身に荷電して”切断力を高めた特殊な刀剣で、 攻守共に扱うには経験と技術が必要だが、熟練者が繰り出す斬撃は第三世代ヘキサギアの装甲をも切断するといわれる。後にエクスアーマータイプ・モノケロスの標準装備となるものの原型である。

■試作大型レーザーライフル
歩兵用携帯火器としては大型の高出力収束レーザーライフル。
ヘキサグラムからのエネルギーを銃把下部の小型増槽にチャージし、
解放する事によって一時的にヘキサグラムからの供給以上の出力を発揮する事が可能。
通常は拡張バレルを装着し高収束レーザーでの狙撃任務に就くが、近距離戦闘ではバレルを外し、連射性能と取り回しを優先した面制圧用の火器としての運用も可能。
まだ試作段階の兵器であり、今後は操作系などが見直され兵士が扱いなれた構造を志向していくものと思われる。
純然たる高エネルギー兵器の特徴として着弾までの時間差が無く、また風や重力、空気抵抗の影響を考慮しなくて良いため弾道計算を簡略化して非常に高い命中率を期待できる。しかし装甲を溶融して内部に損傷を及ぼすには一定の連続照射が必要であり、その点で従来の銃器とは大きく性質が異なる。

■ハンドグレネード
対アーマータイプ/パラポーン用の爆圧型投擲グレネード。
起爆時の爆圧によって標的を破壊する兵器であり、制圧範囲こそ狭いものの高い威力を持つ。弾体に柄が付けられた前時代的な形態だが、投擲という特殊な投射方法にアーマータイプの腕力とグリップ内部に搭載されたジャイロ機能による補正が組み合わさる事で兵器としての特性は大きく変化している。

■タクティカルコンテナ
装甲防護された多目的背嚢の一種。弾薬や装備の補修キット、強化型の対汚染環境用フィルターなどを収納している。中央の円形ユニットは各種環境センサーとなっており、周囲の汚染状況などを詳しく計測可能となっている。

■タクティカルハンガー
ガバナーの積載能力向上に対応して増加した銃火器などの装備が使用者の運動能力を阻害しないよう開発されたアーマータイプ用ハンガーユニット。

※画像は試作品です。実際の商品とは多少異なる場合がございます。また撮影用に塗装されております。

関連ブログ

もっと見る ▼

閉じる ▲

もっと見る

閉じる